色彩検定合格への最短距離

1AFT色彩検定の早道ってあるのですか?とよく聞かれます。

私の経験をお話しします。

私は2002年夏、今ほどカラースクールもなく、2,3級併願で、独学で何とか突破しました。

そのまま1級まで最短距離で、独学ストレート合格を目指していたのにもかかわらず、1級合格までその後2年の年月を費やしてしまいました。

経験上言えることは、夏期に3級をとばして、いきなり2級を受検、そのまま一気に冬期に1級を受検するのが、一番負担が軽く短い時間で1級までの最短距離です。

私のように独学では長期になりますし、間違った覚え方、浅く狭い勉強になってしまい、かなりの苦労がともなってしまいますから注意してください。

それだけではなく、独学だと、色彩検定対策の仕事はできないと言っても過言ではありません。

結局、私は2,3級は独学で合格したにもかかわらず、色彩検定対策をするにあたって、今一度、2,3級対策講座に参加、そして1級は通学で合格した翌年に、もう一度1級対策講座を学びに行きました。

もし、カラーのプロとして仕事をしていきたいと思われている方は、独学ではなく、通学をお勧めします。

なぜなら、独学では間違った覚え方(漢字までも間違って覚えている可能性があります。)をしてしまうことがあり、教える事はかなり難しいと思うからです。

 

色彩検定対策コースこちら