ICPAスペクトルカラー診断士養成コース

コースについて

一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会(ICPA)では、皆さまから多く寄せられた「何色が一番似合うのか知りたい」のご要望にお答えし、このたび、パーソナルカラーの常識を大きく覆す色彩理論に基づいた画期的な診断法「ICPAスペクトルカラー診断法」を開発いたしました。

特徴

◻色覚特性者や高齢者にも見分けやすい色のユニバーサルデザインに特化
(色彩検定協会では2018年冬期よりUC級 色のユニバーサルデザイン検定がスタート)
◻ピンク・赤・橙・黄・緑・青・紫の7色の中から似合う色を見つけます
◻従来の診断法にも対応
◻専門分野から学校教育分野まで幅広いフィールドで伝えやすい
◻イベントや短時間での診断にもわかりやすい
◻使用ドレープはPCCS表色系に基づいた近似色を採用
◻色彩心理学にも対応

次のような方におすすめです

◻ズバリ何色が似合うのか知りたい
◻お洋服選びをもっとスピーディーに楽しみたい
◻今までにないパーソナルカラー診断法を体験してみたい
◻家族や友人と楽しく似合う色体験してみたい
◻今までのサロンメニューに追加したい
◻色彩心理とつなげて提案したい
◻企業様に提案したい
◻男性に提案したい

すでにパーソナルカラーアナリスト資格保持者の方には、新しい診断法のディプロマ取得も可能です。
この画期的な診断法で、私どもが色を通じて多くの方の未来を明るく切り開くお手伝いができれば幸いです。

開発経緯

この診断法はスペクトルカラーである赤・橙・黄・緑・青・紫+α ピンクの7色の中で似合う色を見つけ出していきます。2000年からパーソナルカラーに携わってきて、いつも疑問に思っていたこと、それは人には似合いやすい色と似合いにくい色があるということ。
従来のパーソナルカラーでは「誰でも必ず似合う赤・黄・緑・青・紫・ピンク・・・がありますよ。」と伝えます、それはそうだけれど、その中でも似合いやすい色があるということも事実。特に短時間のイベントやセミナーなどでは多くの方が「私には赤が似合うの?青が似合うの?」と質問されるのが常。そんなご要望にもお答えできないか?それを診断できないか?と模索、この方法なら必ずや多くの方に理解してもらえると確信しました。

ドレープ色指定監修:松林真奈美(工学博士・繊維製品品質管理士)
開発協力:岸田佳予子
テキストデザイン:辰己ゆみ

講座概要

履修時間  1日講座 5H
受講料 40,000円
教材費 10,000円 (7色の布製ドレープ ロックミシンタイプ/オリジナルテキスト)
合計 50,000円 (税別)

※ 別途認定料10,000円(税別)で、ICPA認定スペクトルカラー診断士の資格が取得でき、ビジネスとして活動できます。(認定書を発行致します。)
※資格取得者は一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会(ICPA)に入会(年会費別途1口10,000円)となります。
※(注)資格取得されない場合はメニュー追加や料金をいただいての診断はできません。
※参加人数によって、終了時間が変更になる場合がございます。

 

特典

開発記念と致しまして、先着50名さまに診断用白ケープをプレゼント致します。

内容・カリキュラム

  • スペクトルカラーと色の基礎
  • 7色の色彩心理
  • 7色のドレーピング法
  • ICPAスペクトルカラーの実践法

開講スケジュール

開講はご希望に合わせて日程調整させていただきますので、お問い合わせください。
※スケジュールは決まり次第こちらに記載させていただきます。

8月23日 9月1日 9月25日  いづれか1日 10:00~15:30(休憩30分)

 

下記お問い合わせフォームに「ICPAスペクトルカラー診断士養成コース」希望と明記の上、お申込みくださいませ。