大阪パーソナルカラー養成スクール| Imagination Colors®(色彩教育/カラー研修・セミナー)

  コースについて

講師としての心得、指導方法、授業や講座、セミナーの組み立てなど、プロフィールの作成から、写真の撮り方、企画書の作成法、アプローチ法、値段設定などカラー講師としてのマナーまで、講師として活躍するためのノウハウや起業の方法を学んでいきます。

模擬授業では実際にセミナー形式で授業を行っていただきます。

適正検査により五つの強みから、ご自身がカラー講師としてどのような分野で活躍できるかもコーチングさせていただいております。

またカラーセミナー講師養成コースの修了者で一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会認定講師の資格を得られた方には条件が合えば、カラー講師として仕事も依頼させていただいています。
(ご依頼 300回以上、50名以上。詳細こちら

※カラー講師のみならず、セミナー講師など人前でお話をされる仕事の方に是非ご受講いただきたい内容満載です。

  コース概要

履修時間 3H × 6(18h)
受講料 180,000円 (オリジナルテキスト/試験料込 税別)

※試験に合格されると一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会認定講師としての資格が得られます。
※資格取得希望者は認定料として別途20,000円(税別)が必要です。
※受講料は銀行振り込みにてお願いします。
※参加人数によっては終了時間が変わる場合がございます。

スケジュール・カリキュラム

【開講日時】

只今開講中、次期開講はご希望により調整致しますのでお問い合わせください。

内容
Step.1発声法・話し方・立ち振る舞い、ビジネスマナー
Step.2指導法・授業案・講座の組み立て方
Step.3実技演習、予行演習
Step.4講師の心得と適正(五つの強み)・プロフィール・企画書の作成法
Step.5実技演習、模擬授業、写真撮影
Step.6模擬試験・カラーで起業のノウハウ

このコースを受講された方の感想
  • パソコンの方ですでに講師の仕事をしていますが、カラー講師として活動していくノウハウを知りたくて受講させていただきました

    模擬授業ではとても緊張しましたが、二宮先生から指導方法のアドバイスを沢山いただき、一緒に受講している方の模擬授業を聞き、とても勉強になりました。
    今回一緒に受講していた方の中に、すでにカラーコンサルタントの活動をされている方もいましたので、色々なお話を聞いて刺激にもなりました。
    また、適性検査や自己分析で、どのように活動していったらいいのかのアドバイスもいただき、今後カラーセミナー講師として活動していく上での、自分の強みや、足りないものが分かりました。今回学んだことが無駄にならないように、しっかり活動していきたいと思います。
    二宮先生、ご指導いただきありがとうございました。(T様)

  • カラーの知識が深まる度に、カラーの知識があまりない方にカラーを教えるには、いくら知識がたくさんあってもわかりやすく楽しく伝える力がないとどうしようもないと思っていたので、このような講座があって良かったです。

    二宮先生の長年の知識と経験が詰まったきめ細やかに作られたテキストには、この先何回も思い出し叱咤激励される言葉がたくさんあり感動しました。先生が、私が考えた授業の内容をチェック、アドバイスしてくださり、カラー講師の経験がない私でもなんとか授業を組み立てる事ができました。

    また一緒に受講している方の模擬授業を聞く事ができて、とても勉強になりました。
    皆さんの模擬授業を見て勉強になることばかりで、オリジナルツールの使用、話し方の工夫などわかりやすい伝え方を学べました。

    模擬授業では、実際に二宮先生や受講生さんが生徒役として授業を聞いてくださり、カラーのプロ達から意見をいただける練習の場があるのは本当にありがたいです。

    模擬授業後に、二宮先生や受講生の皆に、フィードバックをもらい、的確に改善ポイントを教えていただきました。
    セミナーを受講する方々にどうわかりやすく伝えるか、どう視覚や聴覚に訴えるかという改善方法が具体的にわかりました。

    様々な自己分析ワークや適性検査は、自分の気質や行動パターン、強みや弱みを多角的に知る事ができ、短所を改善し、自分の良さをより伸ばして行けたらと思いました。
    受講生皆さんの長所の違いを肌で感じる事や知る事ができるのも良い学びでした。

    小心者で行動力がない私ですが、二宮先生やご一緒した皆さんのおかげで、模擬授業経験と小さな成功体験ができたことで、もう一歩踏み出せそうです。
    カラーセミナー開講未経験の方にはぜひおすすめしたい講座です。

    二宮先生、ご一緒した受講生の皆さん、ありがとうございました。(W様)