色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級検定対策コース

コースについて

公益社団法人 色彩検定協会(2018年12月よりスタート)が主催する検定です。
UC(色のユニバーサルデザイン)とは「色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使い」です。
「特定の色の組み合わせが判別しにくい」人が、日本では男性の20人に1人、女性では500人に1人、全体では350万人存在するといわれています。
このような人たちにとっては、一見わかり易く色分けされている駅の路線図や危険を知らせるサイン、電源のON/OFFを示すパイロットランプなどが同じような色に見えてしまう場合があるのです。また、白内障などの老化によっても色覚は変化し、区別できない色が増えるといわれています。
高齢化社会が進む中、このような問題は更に増える可能性があります。

ところが、このような「色覚の多様性」に対する配慮はまだまだ社会に浸透しているとは言えず、生活に不便さを感じている方が多くいらっしゃいます。この問題に取り組む為にも、「色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使い」であるUC(色のユニバーサルデザイン)の理解を深めるための資格取得コースを開講いたします。

特長

・公益社団法人色彩検定協会認定色彩講師から直接学べる。
・受講中はメール・電話でのフォローが受けれる。

色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級対策コース

冬期色彩検定UC級の全員合格をめざします。
AFT認定色彩講師(認定番号No.313)の二宮恵理子が直接ご指導させていただきます。

履修時間  4HX9 (36H)
受講料  180,000円(税別)

※ 公式テキスト・199aカラーカード代は別途必要
※ 受講料は銀行振り込みにてお願いします。
※ 参加人数によっては終了時間が変わる場合がございます。

検定日

6月23日(日曜日)夏期

スケジュール・カリキュラム

次期開講はご希望に合わせて日程調整させていただきますので、お問い合わせください。
※スケジュールは決まり次第こちらに記載させていただきます。

開講時間   10:00~15:00 (休憩有)     2019年4月開講予定 第1期生募集中

回 数 日程 内容
1 オリエンテーション・色の基礎知識
2 色の表示方法(表色系)
3 色覚特性
4 ユニバーサルデザイン1
5 ユニバーサルデザイン2
6 色のユニバーサルデザイン1
7 色のユニバーサルデザイン2
8 色のユニバーサルデザイン3
9 総まとめ・模擬試験