大阪パーソナルカラー養成スクール| Imagination Colors®(色彩教育/カラー研修・セミナー)

GetAttachment後期から毎週木曜日で授業を行うことになったここ「辻学園調理製菓専門学校」、外観が少し素敵に、校内にカフェがオープンしました。

ここの高度製菓衛生学科2年生にレギュラーで色彩学を教えております。
テーブルカラーコーディネイトを含めた盛り付け色彩学。

私たちは、様々な刺激を外から受け取っていますが、その87%は視覚によるものだといわれています。2番目に多いのが聴覚で7%です。次いで触覚の3%、嗅覚の2%、味覚の1%です。ということは料理は見た目で、「色を食べる」ということです。食事の満足度は、食空間70%、食卓25%、皿の料理5%といわれています。これは、カラーコーディネートの理想的な面積比と同じです。ベースカラー(基調色)の食空間は、部屋のしつらえ、飾り物、テーブルクロス、照明等があげられます。サブカラー(副調色)は、テーブルウェア、食器類があげられます。アクセントカラー(強調色)となるのが、料理の盛り付けです。

食事の色と食欲の関係を調査した結果によると、暖色系の色は自律神経を刺激し、消化作用を助ける。一般的な傾向としては、食欲をそそる色は、赤、橙、黄から中性色の緑まで含まれ、中でも橙が一番だとされています。逆に食欲を減退させる色は、黄緑、青、紫、灰色、黒などがあげられます。鳥や動物を使った実験では、赤みがかった光線や黄みを帯びた光線は空腹感を引き起こさせ、青みがかった光線は空腹感を逆に阻止させたと報告されています。ダイニングは、カーテンやテーブルクロスを暖色系でコーディネートし、照明は、青みを感じる蛍光灯ではなく、温かみのある白熱灯がお薦めです。

食事の盛り付けもお皿いっぱい盛るのではなく、余白を生かしたり、立体感を出したり、五色を盛る、季節感を盛るといったことが大切です。カラーの知識を生かして食卓を演出すれば、もしも料理の腕に自信がなくても楽しく美味しく食事ができます。

やはりどの分野においても色は重要なんです。
この色の重要性をもっと多くの人々に、もっと多くの業界に伝えていきたいな!