大阪パーソナルカラー養成スクール| Imagination Colors®(色彩教育/カラー研修・セミナー)

Imagination Colors 代表 人の心をつかんで離さないカラーテクニックの専門家 二宮恵理子です。
朝晩は寒いくらい、すっかり秋ですね。

 

さて、今日は私が所属しております日本パーソナルカラー協会のメールマガジンでインタビューの様子が掲載されましたので、ご紹介させていただきますね。

 

大好評★『Pick Up!Person』のコーナーから☆
今日は、関西でコンサルタントや人材育成に大活躍なさっている二宮恵理子さんをご紹介します!

■二宮恵理子さん(JPCA本部講師/JPCAパーソナルカラーアナリストR)■

15年間で15,000人以上を診断したパーソナルカラーアナリシスの経験を活かし、人の魅力を最大限に発揮してくれる色(パーソナルカラー)の分析、心を癒してくれる色(カラーセラピー)、暮らしに役立つ色(ライフカラー)を提唱している。カラー&イメージコンサルタントとして、人だけにとどまらず、商品・インテリア・エクステリアまで多方面にて色彩学を元に独自の色彩界を繰り広げている。

―最初にパーソナルカラーを学んだきっかけはなんですか?

二宮さん「カルチャースクールで1日講座があり、そこで興味がわいたので定期講座に通いました。その後いくつかスクールに通ってアナリストとしての活動を始めましたが、教えられてきたことと実際に診断して感じることのズレが気になったんです。たとえば、イエローベースの人に必ずしもイエローベースが似合うわけではないし、対比ではなく同化だと思うし、パーソナルカラーは一生変わらないといわれるけどそんなことはないと思うし、とか。自分の中でいろいろモヤモヤしていたら、自分が考えていることを実際に本にして出版されている方がいらっしゃる!って思って驚いて(笑)それが協会と、この検定を知るきっかけでした」

―検定を受けて、どうでしたか?

二宮さん「今でもよく覚えているのですが、検定試験の最後の問題でどうしても腑に落ちないことがあったんです。その問題について聞きたくて協会に電話して、お話ししたのが三浦理事でした。お話ししているうちに、理事が大阪に来られるときに一度お会いしましょうということになり、直接お会いして、自分が勉強してきたことや考えをお話ししました。そうしたら「ぜひ認定講師になって欲しい」って言ってくださって、養成講座を受けることになったんです」

―現在のお仕事の中で心がけていることなどはありますか?

二宮さん「パーソナルカラー診断は、お客様の一生を左右するかもしれないものだと思い、正しく正確に責任を持ってやっています。何よりお客様がどうなりたいのか、というイメージを汲み取れるようにしています。今、プロ養成講座で人材を育ててもいますが、私の教えた生徒さんには一流のアナリストになってほしいので、検定は必ず最上級まで取ってもらっていますし、ドレーピングの仕方や言葉遣い、ファッションにいたるまで細かく指導しています」

―これからのお仕事のビジョンを教えてください。

二宮さん「まだ世の中でのパーソナルカラーの浸透率はすごく低いですよね。もっと世の中の人に色の素晴らしさを知ってもらって、またパーソナルカラーを普及させて、色の仕事をしている人たちがその分野のお仕事でどんどん活躍できるような世の中にしていきたい、そのために私もさらにスキルアップして、頑張っていきたいと思っています」

二宮恵理子さん主宰
Imagination Colors
https://imagination-colors.com/wp/

*********************************************

色で彩り豊かになっていただけるのを願って、今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

ブログの更新は時々ですが、日々のできことはfacebookにほぼ毎日アップしておりますこちら
(一般公開はしておりませんので、宜しければお友達申請してくださいませ)

また対外的なセミナー・講座情報はHPトップとfacebookページにも掲載しておりますこちら
(宜しければ「いいね!」をしてくださいませ)

アメブロはこちら