イマジネーションカラーズ HPの色使い

Imagination Colors ®(イマジネーションカラーズ)HPの色使いについて解説させていただきます。13179402_948262551961548_7340072153450404510_n

まず、このHPでは大まかに四つの配色技法と色の識別性・色の心理的効果を使用しました。

1.色相グラデーション
2.明度グラデーション
3.トーンオントーン
4.トライアド
5.色の識別性
6.色の心理的効果

では一つづ説明していきます。

1.色相グラデーションはクリックボタンに採用
2.明度グラデーションはトップの案内の枠に採用
3.トーンオントーンはクリックボタンのオンオフに採用
4.トライアドはトップ案内の文字に採用(橙・青緑・紫)
5.色の識別性はそれぞれ6色のクリックボタンのテキストに採用
6.色の心理的効果は6色のクリックボタンの意味に採用

・赤・・・バック白に最も誘目性の高い色をトップのクリックボタンに使用しました。ロゴの色でもあります。

・ピンク(Imagination Colors とは)・・・私の一番好きな色がピンクなので、私からの発信・私自身の事をこのピンクで表現しました。

・オレンジ(スクールコース)・・・大好きな色を120%仕事にするカラーの学びは楽しく無限大、「色彩学」ではなく「色彩楽」、オレンジの楽しさ・まだまだ可能性豊かに未来に伸びるという意味を込めてオレンジで表現しました。

・黄色・・・残念ながら、一次色でもある黄色を使用したかったのですが、黄色は有彩色の中で一番明度の高い色であるため、バックの白との関係で視認性が悪く断念、その代わりに黄緑を使用しました。

・黄緑(サロンメニュー)・・・パーソナルカラーで若々しく、なりたい自分になって新たなスタートという意味を込めて、黄緑のフレッシュなイメージで表現しました。

・青緑(セミナー・研修)・・・企業様が色を武器に更なる飛躍をしてほしい意味を込めて、青緑のグローバルな視野での発信をイメージしました。

・青(業務案内)・・・色は夢を売る仕事、商品がないのでより信頼関係が大事、常に誠実に責任を持って仕事をさせていただいているというメッセージを青に託しました。

・青紫・・・有彩色では一番目立たない短波長の色ではあるけれど、バック白との視認性が高く、大事な部分、プライバシーポリシー・キャンセルポリシー・アクセス・お問い合わせ・リンクに使用。ロゴの色でもあります。

・紫(ブログ)・・・ありのままの自然体で日々を綴っているブログは私の内面=心を文章で表現しているので、心の色=紫で表現しました。

※本文中に使用しました色彩の専門用語につきましては、ウィキペディアを参考ください。