パーソナルカラー診断とスペクトルカラー診断の相関性⑥

本気で色のプロを目指すあなたの応援スクールImagination Colors®代表・一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会代表理事 二宮恵理子です。

 

 

パーソナルカラー診断とスペクトルカラー診断の相関性⑥

①はこちら  ②はこちら ③こちら ④こちら ⑤こちらお読みください。

 

ICPAスペクトルカラー診断士養成コースはこちら

ICPAスペクトルカラー診断が受けれるICPAスペクトルカラー診断士はこちら

 

前回は子育て色彩についてお話ししましたね、是非子供の心の声を色を通じて聞いてみてください。

カラーコミュニケーションで親子の心は必ず通じ合いますから。

 

さて今日は外見カラーについてお話ししていきますね。

 

内面カラーが心を元気にしてくれる色なら、外見カラーは他人から見てご自身が素敵に見える色、印象が良く見える色。

 

パーソナルカラー診断では赤が似合うとか青が似合わないという診断ではなく、赤でもどんな赤似合うのか?青ならどんな青が似合うのか?という色のバリエーションを診断していくということはお伝えしましたよね。

 

要するに誰でも似合う赤も黄・緑・青・紫・ピンク・白・・・あるとい事なんですが、それはそれでお洋服の幅が広がり、新しい自分発見にもつながりますので、是非パーソナルカラー診断も受けてください。

 

ただ微妙な色の識別が難しいのと、ぴったり色があったお洋服を探すのに苦労しますとか、探せないとか、売り場にない・・・などの意見をお聞きすることも実は少なくないんです。

 

もちろんイマジネーションカラーズの個人診断(パーソナルスタイリング診断)を受けてくださった方はアフターフォローもしっかりさせていただいておりますので、ご自身に似合うアイテムをしっかり選ぶことができるようになるのですが・・・グループ診断やセミナーほか簡易診断を受けられた方はなかなか選べるようにはならないのが現状のようです。

 

そんな方へもこのICPAスペクトルカラー診断なら、赤が似合う、青が似合うというようにシンプル、青のお洋服なら多くの方は選ぶことができますよね。

 

まずは単色で似合う色を見つけてもらいやすいし、わかりやすい、さらにはパーソナルカラーの4シーズン(春夏秋冬)にも対応しているので、すでにパーソナルカラーアナリストの資格保持者の方にも理解しやすいのが特徴です。

 

実は単色で似合う色がわかると4シーズン分類との相関性があるのです。

 

たとえばピンクが似合う方は4シーズン分類では夏や春の方、青が似合う方は夏か冬の方・・・このデータは私の統計学ですがほぼ一致しています。

(昨年から修了生や学生など、すでに私のパーソナルカラー診断を受けられた方を対象にデータをとった結果から導き出しております)

 

 

 

ICPAスペクトルカラー診断の外見カラーは実にシンプルでわかりやすい、次回はその診断法についてお話ししますね。

 

 

continue

 

今日も皆様が色で彩り豊かになっていただけるのを願って、いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

IMG_5392

 

・一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会のHPが完成しました こちら

・一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会のfacebookページ こちら

・ブログの更新は時々ですが、日々のできことはfacebookにほぼ毎日アップしております こちら
(宜しければお友達申請してくださいませ)

・対外的なセミナー・講座情報はHPトップとfacebookページにも掲載しております こちら
(宜しければ「いいね!」をしてくださいませ)

・講演依頼Speakers.jp|二宮恵理子 講師プロフィール紹介ページ こちら

講演依頼.com 二宮恵理子 講師プロフィール紹介ページ こちら

・二宮恵理子のYouTube こちら

・第38回カラー交流会は10月18日(木)10:30~13:00 詳細はこちら

 

イマジネーションカラーズ 公式LINE@

友だち追加でお得な情報をお届けいたします。

下のボタンをクリック↓↓

友だち追加

  • TOP
  • ブログ
  • パーソナルカラー診断とスペクトルカラー診断の相関性⑥