パーソナルカラー診断とスペクトルカラー診断の相関性⑪

本気で色のプロを目指すあなたの応援スクールImagination Colors®代表・一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会代表理事 二宮恵理子です。

 

台風一過、昨日今日と久しぶりの秋晴れで心地よいですね。

 

先日(9/22)は東京にて、日本にカラーを広められた第一人者で日本色彩学会パーソナルカラー研究会特別顧問 門田先生の赤坂の自宅にご招待され、12年ぶりに再会、パーソナルカラーの歴史やカラー業界についてお話しくださいました。

 

84歳とは思えなくらい元気でパワフルで素敵な私の憧れの門田先生とツーショット、別れ際にはハグしてもらいました。

 

 

そして今日はカラー業界では誰もがご存じの大先輩でいらっしゃる先生がわざわざ東京から私に逢いたいと日帰りで来てくださいました。同じく別れ際にはハグくださいました。

 

今や私が色に出逢った18年前とは違い、いろんな流派があり、多くの協会もでき、ネット上では数えきれないくらいのカラースクール・カラーサロン、個人のカラーリストのブログなどなどがあり、一般の方はどこに習いに行けばよいのか?どこで診断を受けたら良いのか?きっと迷子になっておられますよね?それくらい今はカラーブーム、パーソナルカラーの第二次ブーム、だからこそ本物だけが生き残る時代に突入。

 

18年間迷わず色だけを仕事にしてきて本当に良かった。

あなたは何屋さん?と聞かれたら、迷わず「私は色屋です。」と答えられる。

 

お二人のカラーの大先輩の先生とそんな話しで盛り上がり、さらにカラー業界も盛り上げてほしいと背中を押されました。

責任重大ですが、これからのカラー業界をしっかり築き上げていきたいと覚悟を決めました。

 

さて前置きは長くなりましたが本題、パーソナルカラー診断とスペクトルカラー診断の相関性の最終回です。

 

 

パーソナルカラー診断とスペクトルカラー診断の相関性⑩

こちら  ②こちら ③こちら ④こちら ⑤こちら  ⑥こちら ⑦こちら ⑧こちら ⑨こちら ⑩こちらお読みください。

 

ICPAスペクトルカラー診断士養成コースはこちら

ICPAスペクトルカラー診断が受けれるICPAスペクトルカラー診断士はこちら

 

さて、ICPAスペクトルカラー診断法はどんな方に取得してほしいか?

 

子育て中のママ・パーソナルカラーアナリスト資格保持者や医療従事者には是非新しい診断法として取り入れてほしいとお話ししました。

 

他にはアパレル販売員・ブライダルコーディネーター・セラピスト・メイクアップアーティスト、着物アドバイザーや着付けの先生、お花の先生、ラッピングの先生、手芸の先生・・・先生ではなくてもこれらを趣味でされておられる方。

 

中学校や高校の家庭科や美術の先生・・・とにかく多くの方にこのICPAスペクトルカラーをまずは知ってもらいたい、そして取り入れたもらいたい。

 

お友達同士でわいわい・がやがやとコミュニケーションツールとしてもお勧めです。

 

今年から色彩検定協会では色のユニバーサル検定(UC級)がスタートし、ますます色の重要性が高まる中、このICPAスペクトルカラー診断法はあらゆる業界の方に自信をもってお届けできると確信しています。

 

是非皆さまもこの診断法を体験してみてくださいませね。

 

色の重要性を体で感じとってもらえるはずですから!!

 

 

 

15分類進化型パーソナルカラーアナリスト®プロ養成コースの受講生募集中です。

詳細はこちら

 

今日も皆様が色で彩り豊かになっていただけるのを願って、いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

IMG_5392

 

・一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会のHPが完成しました こちら

・一般社団法人国際カラープロフェッショナル協会のfacebookページ こちら

・ブログの更新は時々ですが、日々のできことはfacebookにほぼ毎日アップしております こちら
(宜しければお友達申請してくださいませ)

・対外的なセミナー・講座情報はHPトップとfacebookページにも掲載しております こちら
(宜しければ「いいね!」をしてくださいませ)

・講演依頼Speakers.jp|二宮恵理子 講師プロフィール紹介ページ こちら

講演依頼.com 二宮恵理子 講師プロフィール紹介ページ こちら

・二宮恵理子のYouTube こちら

・第38回カラー交流会は10月18日(木)10:30~13:00 詳細はこちら

 

イマジネーションカラーズ 公式LINE@

友だち追加でお得な情報をお届けいたします。

下のボタンをクリック↓↓

 

友だち追加

  • TOP
  • ブログ
  • パーソナルカラー診断とスペクトルカラー診断の相関性⑪